ヒムロッドシードレスを収獲しました

もう少し糖度が上がって欲しくて待っていましたが、

天候不順の続く高温・多雨の当地では、

既に傷み粒も出始めていました。



上手く行きますと18度以上には上がる糖度でしたが、

今年は16度止まりです。



露天栽培の弊害でしょうかね。

こんな環境では高級ブドウは似合いません(^_^;)。

himuro0806c2



収獲と言いましてほんの数房で、寂しいところです。

himuro0806c3



今年、1番の大房は・・・これです。

himuro0806c1



昨年も糖度の乗りが今一でした。

ダメ続きのブドウ栽培では参っています(^_^)。





・・



この記事へのコメント

日本一の果実
2011年08月06日 19:10
大房じゃないですか。
これで駄目だと申されますと私など地球の真ん中までもぐらないと行けません。
富士の麓は雨が多いのでしょうか。
雨が多く、しかも露天でこのヒムロッドシードレスはお見事の一言です。
私のぶどうはもっと弱りました。(汗)
Shimada
2011年08月06日 19:25
沢山の粒で良い房の収穫と思います。
露天栽培とのことですが、
傘以外に日頃は袋掛けも?
でないと、これだけ綺麗な房粒にならないですね。

こちらは殆ど雨が降らず、
しかし、昨年のような激暑では無いので、
初収穫(巨峰)は、昨年比少し遅れる模様です。
ホワイトモグタン
2011年08月06日 20:01
こんばんは。
これはかなりの大房ですね。
粒数も凄そう!
ちなみに種無しですか?
一足早く、ブドウの味が楽しめて羨ましく思います。(^^)
しお>日本一の果実さん
2011年08月06日 20:36
いやいやお恥ずかしい限りの駄作です。
本当は、ブドウの話題は避けて通りたいところですがブログ・ネタとして良いも悪いも・・と言うところです。
富士山を隔てて北の甲府は果樹の宝庫で南の当地はミカン位ですかね(^_^)。
日本一の果実さんにはハウスがありますから今後が大いに楽しみですね。
しお>Shimadaさん
2011年08月06日 20:42
Shimadaさんには見られたくなかったなぁ(^_^)。
傘のみで袋は掛けませんでした。今年は房数が少なかったので手抜きしてしまいました。

雨除け設備が完備していますから問題ないところでしょうが、そちらの例年の雨量はどうなんでしょうか。
しお>ホワイトモグタンさん
2011年08月06日 20:49
こんばんは。
小粒品種の種なしですので、房調整は上段を少し切り取った程度ですね。
植原ブドウ研のカタログ記載では7月の収獲で早いのが取り得のブドウです。私の様な素人向きですね。

tangor農林8号
2011年08月06日 21:37
去年はあまりにも暑くて夜の気温が高すぎて糖度が乗りにくいのかと思っていましたが、今年は夜はわりと涼しいのに、ブドウの色づきが遅れている気がします。今年はこちらは曇りの日が多いような気がしておりましてそのせいかもしれません。やっぱり十分な日照がないと糖度も乗りにくいんでしょうね。
しお>tangor農林8号さん
2011年08月06日 22:13
果樹種によっては天候不順の影響を大きく受ける種類もあるのでしょうかね。
元々ブドウ栽培が下手くそな私ですので、天候不順を考慮に入れるのは逃げ口上に過ぎませんですね(^_^)。