さくらんぼの遅い色付き

昨日からヒンヤリとした気温で、

今日は冷たい雨が降っています。

3月下旬の気温ですので肌寒いです。



そんな気象だからでしょうか、

ことしのさくらんぼの色付きは遅れています。



手持ち品種中、最も色付きの良いのが

この「紅さやか」です。

でも、完熟果は紫黒色になります。

benisayaka0602c1

灰星病予防散布で汚れています。




決して実付き良好とは言えませんが、

着色は良好な「紅さとう」です。

benisato0602c1

通称”ふんどし”と言われている縫合線が

くっきりと見て取れます。



benisato0602c2




着色が進まない「紅秀峰」です。

benisyu0602c1



①の一枝についた3L紅秀峰です。

benisyu0602c2




実付き・色付き良好ですが、

水分過多で実割れ果が多発の「香夏錦」です。

kouka0602c1



kouka0602c2




結実が少なかった「さおり」は大分色付いて来ました。

saori0602c1



saori0602c2




色付きが始まったばかりの「佐藤錦」です。

sato0602c1




「正光錦」は1本の木でも枝毎に色付きの差が見られます。

seikou0602c1

この正光錦はコルト台ですが、

スーパー6台より色付きが良いかも知れません。



seikou0602c2



この木はさくらんぼ置き場の北面ですが、

南面のあるスーパー6台の正光錦より色付きが早いです。

seikou0602c3




今年の「ナポレオン」は小果で不作気味です。

napole0602c1



例年ですとそろそろ収穫時期を探る頃ですが、

まだまだその段階ではない状況です。



まだ生理落果も見られますし、

全般的に遅れた状態となっているのが我が家のさくらんぼです。





・・



この記事へのコメント

S.F.Taka
2011年06月02日 16:25
おー!Tバックくっきりですね(笑)

えと、実が出てきてからも展着剤使ってますか?
満開期以降は使わずにいれば、実が汚れることないんですが。

それでは、22日お待ちしています。
Shimada
2011年06月02日 17:13
入梅以来低気温と悪天続きで、果樹も野菜も災難です。
それにしても立派な実付きの桜桃ばかりで羨望です。
流石に桜桃準師匠、↑TaKa師匠の手前(笑)

今年は当方ぶどうも開花が1週間程遅れています。

近隣のHCで売られている980円の桜桃、
品名は「暖地」とだけ書いてありますが、
正確には、何を指すのでしょうか?
しお>S.F.Takaさん
2011年06月02日 17:56
教えて頂いた”ふんどし”がクッキリです(^_^)。

そうかぁ~、展着剤の影響でしたか。今後気を付けたいと思います。

ご迷惑をお掛けしますが、宜しくお願いします。
しお>Shimadaさん
2011年06月02日 18:06
明日からまた夏日に戻るようですが、この冷え込みには野菜や果樹は面食らうでしょうね。

Shimadaさん、師匠はそんなに存在しないと思いますよ。乱発は価値の低下に・・(^_^;)。

HCの桜桃品種で「暖地」は、中国実桜の日本名称である「暖地桜桃」の可能性が高いでしょうね。
しゅう
2011年06月02日 18:21
しおさんお久しぶりです、いよいよS.F.Takaさんの桜桃園を訪問されるのですか私は褐色穿孔病で諦めかけていた桜桃栽培ですが昨年S.F.Takaさんおすすめの肥料を使ったところ、今年は少しですが開花して10果程結実しました、(木は20本程)苦節5,6年やっと光明が射してきました、これもしおさんと、S.F.Takaさんのおかげです、沢山の写真やレポートたのしみにしています。


しお>しゅうさん
2011年06月02日 19:29
しゅうさん、1年ぶりですか。
桜桃の復活の朗報は嬉しい便りです。

いやいや、しゅうさんの桜桃栽培に寄せる情熱が樹にも伝わったものだと思いますよ。
今後、ますます良い結実を目指して頑張って下さい。
また、ちょくちょくのご訪問をお待ちしています(^_^)。
日本一の果実
2011年06月02日 19:33
やはり桜桃の写真は良いですね。
今年は梅雨入りが早く完全に降参です。
雨避けを痛切に感じた年になりました。
紅秀峰とさおりは大きさ的にはどちらの方が大きいでしょうか。

桜桃のこの大きさゲージは良いですね。
一発で分かります。
3Lサイズ何となく想像出来ます。
紅秀峰はさすがの実だと思います。
しお>日本一の果実さん
2011年06月02日 20:02
簡易雨除けですと吹きつける雨で実割れです。
雨除けを設置の際は、屋根の大きめなサイズか横風対策を考慮してみて下さい。
実付きが少なめのさおりの方が最終的平均サイズは大きくなるかと思います。

私はこの基準スケールを”自己満足スケール”と呼んでいます(^_^)。
2011年06月02日 22:04
素晴らしい実生りですねぇ~
桜桃への入れ込みが伝わってきます。
早くも梅雨に入り、気温もなかなか上がりません。
病気が流行らないように願うばかりです。
しお>桃太郎さん
2011年06月02日 22:49
そちらの台風2号の傷跡を拝見しまして、大変驚きました。復活を願っております。
寒い梅雨空が続きましたが、明日から気温も上昇との予報です。
果樹も元気を取り戻して欲しいと思っています。
いすい
2011年06月03日 15:31
素晴らしい実成りですね!いろいろと味見が出来いいですね~!その内、各種の味の感想もお聞きしたいです。当方は入梅が遅れてるお陰で時折の陽射しで佐藤錦が収穫出来そうになりましたが初めての事で適時を迷ってます。
しお>いすいさん
2011年06月03日 18:21
意外や、自分ではほとんど口にしていません。
味見はほとんど家人や近所のヒトなんです(^_^)。
作るのが私の役目なんです。
そちらはまだ梅雨入りになっていないのですね。さくらんぼには好都合で、羨ましい気象です。