桜桃居接ぎの枝払い

今春、下の畑に植え付けのコルト台に

桜桃の12~13品種程度を居接ぎしていました。



私の癖のようなところで接ぎ穂には3,4芽付けて

接ぎ木していましたので今頃になりますと

伸びた枝が重なり合って窮屈な圃場と成っています。



そこで、頂芽のみを残して一本仕立てへの

改変作業を実施しました。



昨日までの居接ぎ苗の様子ですが、

長い枝は既に60cm以上も横に伸びています。

19itugi0519c1



上から見ますと株元は全く見えない状態でした。

19itugi0519c2




頂芽から伸びた枝のみを残して

下枝は全て払いました。

真っ直ぐ1本棒状に矯正する支柱を立てています。

itugi0520c3




大分風通しも良くなりました。

酸果桜桃の1本は、

そのまま育ててみることにしました。

itugi0520c2




中には活着はしたものの

成長が遅い「ナポレオン」と「佐藤錦」もあります。

itugi0520c4

伸長の良い苗では既に1m近くになっています。




この圃場の一角には、

花芽付き2年枝の接ぎ木もあります、

活着したナポレオン①、②と高砂③の結実幼果が

分かりますでしょうか。

itugi0520c1

これらの下枝も切り詰めて

1本棒状にしています。




晩秋の落葉時期には、

しっかり太って次代の収穫株として活躍を願いたいところです。





・・



この記事へのコメント

S.F.Taka
2011年05月20日 17:37
他の苗木は一本棒がいいですが酸果桜桃はこのままブッシュ状態で行けば面白いですね。結果が早くなると思います。それこそ潅木状態ですね。
普通の苗木は、このようにして日当たりを良くすれば、植えかえても下の芽が充実していますので樹形を作るのにも苦労しません。
流石の作業だと思います。
しお>S.F.Takaさん
2011年05月20日 19:32
酸果桜桃はそのまま枝を活かしてみようかと思いました。早い結実を期待できるように枝を大切にしました。
昨年の居接ぎ苗は枝を払って植え付けていました。一部枯らした苗もありましたが、元気な枝も出ています。
仰る通りになっています(^_^)。
日本一の果実
2011年05月20日 20:14
さすがのしおさんです。
お見事の一言です。
酸果桜桃のジャムは最高でしょうね。
居接ぎの成長も順調ですから、早く生らせたいですね。
私も早く生らせられるよう頑張ってみます。
1本仕立てもお手本にさせて頂きます。
台木の育成から始まり、居接ぎした苗が実を付けますと感動ものです。
早くその感動を味わいたいものです。
ホワイトモグタン
2011年05月20日 21:41
こんばんは。
少し見ないうちに大分伸びましたね。
苗木さん顔負けです。(^^)
今後の成長過程が楽しみですね。
気温の上昇と共にうちのも勢いが付いてきました。
Shimada
2011年05月20日 21:53
桜桃の居接ぎは、
私も来年からチャレンジしようと思っています。
今春の接ぎ苗が、
5月で、こんなに育つものなのですか?
普通の品種は、頂芽だけ残し下枝は切除、
これが通常の苗作りですね?
しお>日本一の果実さん
2011年05月20日 22:04
お互いの酸果桜桃でジャムを同時期に仕込みたいですね。そちらの接ぎ木も順調のご様子、現実の話になりそうですね(^_^)。
自作苗での収穫は、果樹栽培の醍醐味ですね。
是非とも早い収穫を目指しましょう!
しお>ホワイトモグタンさん
2011年05月20日 22:20
こんばんは。
同タイムのコメント書き込みでしたね(^_^)。

鉢栽培に比べますと圃場の育ちは良いようですね。
圃場が広い、そちらでは枝が重なることもなく、立派な苗木が出来上がるでしょうね。
しお>Shimadaさん
2011年05月20日 22:31
自作苗作りは、桜桃栽培の楽しさを倍加してくれるものと思います。上手く行くと嬉しいですね。

いわゆる、種苗業者さんで購入の1年生棒苗ですね。
うっくん
2011年05月23日 14:42
新梢が良く伸びていて元気の良さが伝わってきます。花芽付き2年枝の接ぎ木も、しっかり実がついたまま伸長しているのには驚きますね~。
しお>うっくんさん
2011年05月23日 15:22
元気であることは今後の成長を期待させてくれますので、一安心です。
花芽付き2年枝の実付きは、受粉がしっかり出来ませんでしたので残念なところです。うっくんさんの花付き付き穂木の接ぎ木での見事な結実から見ますと、見劣りがして恥ずかしいところです(^_^)。