“ブドウの簡単な接ぎ木育苗法”をやってみました

今朝も真冬の冷え込みでした。

例年に比べて降雪量が極めて少ない富士山ですが、

今季の中では一番の積雪量でしょう。



今朝の富士山(7:48)

fuji030402




さて、大層なタイトルに驚かれた方も居られるかと思いますが、

島根県農業技術センターの

技術レポートの表題、そのものです。

引用:2007.5.15 353号

PDFの一部を転用させて頂きますと、

以下の流れとなります。

tugikisasi0304c1

一言で表現しますと「休眠枝を用いた接ぎ挿し木育苗法」ということです。



2,3年前に休眠枝の高接ぎや芽接ぎを試みましたが、

登熟まで残った穂はゼロで、完敗でした。



その後は、挿木のみで品種確保をしてきましたが、

生育の遅さはどう仕様もないことでした。



そんな折、ネットで見つけたこのレポートを放っておく手はありません。



幸い台木の「テレキ5BB」の穂も確保してありますので、

難関は台木と穂木の接合部の加工です。

方法は色々ありますが今回は、

台木をV字形に溝を掘り、穂は楔形にしました。

 

台木の加工には左利き用の切り出しがあれば好都合です。

Vkiri0304c1

手に持って加工するより支え台を使う方が安定します。



寸分狂わず合うのが理想ですが右側くらいでも、

パラフィルムできつく巻き付けば隙間はなくなります。

setugoubu0304c1



接木後、台木と接ぎ穂は乾燥防止のパラフイルムを包帯巻きします。

paramaki0304c1



接ぎ穂は1芽残しで、台の芽は全て掻き取っています。



昨日pH5.5の水に浸漬していた7.5cmキューブのロックウールです。

水漏れのないポリトロ箱に丁度16個並びました。

rock0304c1




ブドウの”接木挿し”の完成です。

sasiki0304c1

トロ箱左下の短めの2本は、純粋な挿木です(^_^;)。




どんな結果となりますやら・・・。



この位の手間で休眠枝接ぎの代替えが出来ましたら、

最高に嬉しく・有り難いことですが、

まだ安心は出来ません。



良くても悪くてもレポートしていきます。

今後の展開に、ご注目下さい。





・・







【ポット苗¥2,000以上で送料無料!】【落葉低木】ピンクネコヤナギ春の訪れを告げる植物♪ピンクの花穂が可愛い!
エスシー・ガーデン倶楽部
ピンクネコヤナギ ●ヤナギ科 落葉広葉樹 ●SIZE 3号ビニールポット  ピンクの花穂が可愛いくて

楽天市場 by 【ポット苗¥2,000以上で送料無料!】【落葉低木】ピンクネコヤナギ春の訪れを告げる植物♪ピンクの花穂が可愛い! の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

この記事へのコメント

Cr
2011年03月04日 18:12
面白そうなことをしてますね~。
4枚目の写真のような接ぎ方は私には到底無理ですね(;´∀`)
さすがしおさんといったところですね。
しお>Crさん
2011年03月04日 19:22
面白そうでしょう(^_^)。
何を仰いますか、私でさえ出来る処理ですからCrさんも是非トライしてみて下さい。
切れる切り出しが有れば、1,2回の練習で思い通りの形になると思います。左利き用の切り出しが活かせますよ。
日本一の果実
2011年03月04日 20:22
専用台木を用いた接ぎ挿しは究極の技だと思います。
特に挿木が出来ない樹種はこれができますと1年短縮に繋がります。
私も昨年桜桃で同じことを考えました。
今回のしおさんの場合は一度に接ぎ挿しをやられていますが、私は時間差を設けて行いました。
(最初に台木の挿木を行い、発根を待ってから接木を行いました。なるべく台木に負担を掛けない為です。)
台木の体力がポイントのように思います。台木はなるべく太く、長くした方が良いかもしれません。
実際やられている方が見えるようで、しおさんもきっと成功することでしょう。
私も昨年はぶどう苗の育成に失敗しました。
今年は雨に当てない育成法を試してみます。
しおさんのこの接ぎ挿しは再来年試してみます。
その前にぜひ成功を収めて下さい。
しお>日本一の果実さん
2011年03月04日 21:06
接ぎ挿しは色々な樹種で行われているようですね。
私も桜桃の接ぎ挿しを2回ほど試みましたが、見事に失敗しました(^_^)。この時、芽接ぎ挿ししましたスモモは成功しています。桜桃も芽接ぎであれば上手く行くかも・・と考えています。
日本一の果実さんの台木の発根後の接ぎ木は、合わせ技ですね。私は二度手間でない方法で対応したいと考えています。
ブドウの接ぎ挿しは、生産者さんの苗木作りで一般的な方法のようです。大いに参考にしたいですね。

仙人
2011年03月04日 22:21
なるほどなるほど、接ぎ挿しは接ぎ木テープで
枝を全部巻かなきゃ成功しないのですね。
参考になりました、私も来年試してみます。
しお>仙人さん
2011年03月04日 22:32
パラフィルムと同じ様に蝋(パラフィン)でコーティングする方法もあるようです。
今年のブドウ挿木はこの方法で乾燥防止してみようかと思っています。
先人の知恵は参考になりますね。
しお>タネツギさん
2011年03月17日 06:50
ご心配ありがとうございます。お陰様で何事もなく無事でいます。
hyakusyouさんのカトーバ「英式鞍接ぎ」は参照していましたが、難しいので簡略してしまいました。一応真似たつもりですが、結果は半信半疑です。
2011年03月17日 21:14
はい。英式鞍接ぎは、私には無理だと諦めて来ました。プロが大量にこなす機械が紹介されていて驚きました。
居残りさんが図解している舌接ぎなら、実行できそうです。これが島根県の画像に近く、より姿良く、しっかりくわえてくれそうです。
カトーバは、私の果樹原点の一つです。一時、ほとんど伸ばさせませんでしたが、今季は伸びています。
暇人
2017年07月09日 07:45
穂木、台木は秋に(剪定の時)確保した穂木の保管場所、保管方法等教えて下さい。 挿し木は3月上旬でいいですか? 以上教えて下さい