桜桃の挿木や接ぎ木の様子

朝晩の冷え込みは厳しいですが日中の陽気は大分春めいてきました。

2月に実施の実験的桜桃の挿木や2年枝花芽付き穂木の接ぎ木など

その後の経過を観察してみました。



先ずは2月14日に桜桃穂木を挿木したその後の様子です。

既に葉芽は開きだしたものも見られます。

中には沢山の葉芽が着いた穂木もありますので、

穂木の蓄積養分を加減する目的で芽欠きしました。

sasiki0310c1

挿木の発根は難しいと言われています桜桃ですから、

省エネ発根を期待しての芽欠きで、

1穂木あたり1,2芽に制限しています。



「高砂」と「ナポレオン」の挿し穂例ですが、

上部の芽を残して見ました。

napoleon0310c1



こちらの「レッドグローリー」と「高砂」も同様の処理を行っています。

takasago0310c1





2月22日に山形のS.F.Takaさんから送って頂いた

花芽付き2年枝をコルト台に居接ぎしています。



「紅さやか」、「ナポレオン」、「高砂」の3品種を

2本ずつ居接ぎしていますが、

花芽が大分膨らんで来ています。

benisayaka0309c1

保湿袋の中は水滴がいっぱい付いて呼吸している様子が窺えます。



接ぎ木接合部の癒合より早い動き出しは望んでいません。

napoleon0309c1

kakasago0309c1

そこで、各品種の1/2本の保湿袋を破って

外気に触れさせる試みを実施してみました。



密封した保湿袋内の日中温度は30℃以上になっているものと思われます。

ゆっくり例年通りの開花時期を迎えさせるために

ビニール袋を3,4カ所破っています。

benisaya0310c1




この居接ぎは桜桃品種確保の通常接ぎ木の1本です。

2月22日に居接ぎしていますが葉芽に緑が覘いています。

outoitugi0309c1

今のところ、他の品種の接ぎ穂も異常なく呼吸しているようです。



今年は、

お遊びの実験的試みが何点か進行中でして、

気の抜けない日々となっています。



これはそれなりにプレッシャーの掛かる事ではありますが、

楽しいものです。



肝心の収穫株のさくらんぼは、

炭疽病対策の防除で先日2回目の殺菌剤散布をたっぷりと行いました。





・・



この記事へのコメント

Cr
2011年03月10日 18:19
接ぎ木が成功しているといいですね。
1月の後半頃に接ぎ木をした梅の芽が動き出してました。
成功していればいいのですが…。
しお>Crさん
2011年03月10日 18:40
通常の接ぎ木は何とかなりそうですが、2年枝は厳しそうです。
梅が動き出しましたか。そちらの処置は早かったので芽動きもやはり早目ですね。
ウチの梅の芽動きはまだ微妙です。
Shimada
2011年03月10日 19:41
挿し木も早いと既に芽吹き始めましたか。
私は、近日挿したところで、桜桃は初チャレンジです。
成る程、挿し木も芽欠きした方が良いのですね?
しお>Shimadaさん
2011年03月10日 20:14
2月中旬に挿した樹種では、芽が動き出していますね。
今回の桜桃の芽欠きは、特別ですので一般的でない事をご承知下さい。桜桃(さくらんぼ)の挿木は、たまたま位しか発根しない樹種だと言われていまして、さくらんぼ苗に挿木苗や自根苗がないのはこのためだと思います。今回の実験では、発根を促すため穂木の養分消費量を少なくしようとの試みの芽欠きになります。

他の樹種の挿木では、私は芽欠きなどの処理は全くしておりませんが8割以上は苗として確保出来ています。
日本一の果実
2011年03月10日 20:38
接木もこれから難しい時期に入ってきますね。
袋の中での高温障害も片隅に置かないと行けません。
本来は接いだ部分を優先に加温・加湿し、穂木は乾燥しない程度が理想かもしれませんが、装備も難しくなります。
(ただ私の場合はそれ以前の問題がありますが)

桜桃はしおさんも粘れるだけ粘って下さい。
私も普段より長めの穂木にしております。
最終は頂部1芽になるかと思います。

CX-10の効果もあると良いですね。
何でも良いですから兎に角成功させたいですね。
しお>日本一の果実さん
2011年03月10日 22:09
仰る様に保湿袋の通気時期や取り外し時期は難しいですね。毎年、時期の頃合いの見定めには苦労しています。

ハイ、出来る限り粘って見たいと思っています。
CX-10効果におすがりしての発根を見てみたいです。

2011年03月11日 16:53
わけあって、今日切り倒されてしまったばかりの
サクランボの木があります。
どんなに小さくなっても残してあげられたらいいと
思って情報を探しており、コチラのページにたどりつきました。
何の準備もありませんが、救う方法がないかと
試行錯誤中です。
またページ見せていただきますね

しお>marinさん
2011年03月11日 19:41
marinさん、貴ブログのさくらんぼの様子を拝見しました。開花時期が今頃でしたら暖地桜桃かと推察します。
もし暖地桜桃ですと株元から小苗(ヒコバエ)が出ていると思います。手頃なヒコバエをしっかり根を付けた感じで掘り起こし、鉢などに植え付けますと後継木を育てる事が出来るかも知れませんね。
ご検討下さいませ。