今日もあれやこれやと・・

今朝は8時過ぎに下の畑に出かけましたら、

家の庭では見られなかった霜が降りていました。

娘の家庭ではジャガイモの消費が多いので、

作付けのリクエストがありました。



久々の耕耘機でジャガイモの植え付け畝準備をしました。

午後から3種の種芋を植え付け収穫への準備は完了です。



さて今日は、先日の続きのような作業ですが、

2種類の台木用穂木を挿木しました。



昨年、挿木で発根性が良好であることが確認出来ました

「おはつ桃」台と「豆梨」台を今年も挿しました。

ohatumomo0216c1

桃類の居接ぎに重宝する台木です。

細枝が多かったので密着・過密挿しになりました。



今まで高接ぎが主体だったナシ類の接ぎ木でしたが、

この「豆梨」台利用で居接ぎが可能となりました。

mamenasi0216c1



豆梨を挿木しましたプランターに余白が出来ましたので、

イチジク(サルタン)、コルト、りんご台木(JM7)などを

挿木しています。

JM0216c1



交換穂木の一部を接ぎ木しています。

本格的な接ぎ木は下の畑の圃場で養成している

台木への居接ぎがメインとなりますが、

品種を確保しておきたい穂木は、

高接ぎなどで対応しています。



このさくらんぼ穂木は、

コルト大苗で多品種接ぎしています新梢を使って

品種を追加しました。

daiouka0216c1



こちらは穂木採取用のコルト苗ですが、

枝の一部を間借りして高接ぎで品種確保をしました。

hanagoma0216c1




品種追加の1本となるりんごをM26台に居接ぎしました。

ryoukanokisetu0216c1



来年は挿し木で発根が良好と言われる台木の「JM7」を使っての

居接ぎが出来るかも知れません。





・・



この記事へのコメント

日本一の果実
2011年02月16日 20:58
着々とメニューを消化していると言った感じです。
本当に綺麗に並んでいます。
挿木の芸術作品ですね。

しおさんのM26台木の居接ぎポットを拝見して、ふと思い付いたことがあります。
接木した部分に良くビニール袋を掛けますが、その効果は何でしょう。
居接ぎでしか出来ない保湿方法を今、考えました。
今年は居接ぎの保湿の有効性を確認できるかもしれません。

しお>日本一の果実さん
2011年02月16日 22:06
私は、この時期ですから穂木の乾燥を防ぐつもりで袋掛けをしていますが、接ぎ木テープで包帯巻きする方法や蝋漬けなどで乾燥を防ぐ事もあるようですね。
ビニール袋が一番手っ取り早くて良いように思います。
S.F.Taka
2011年02月17日 09:52
花駒は2年枝接ぎました?
しお>S.F.Takaさん
2011年02月17日 14:42
頂いた穂で詳細は不明ですが、花芽が着いたりしていますので2年枝かも知れません。サービスで入れて頂いた穂でした。