露地植えスモモ3本を剪定しました

上の畑では数少ない露地植え果樹となる

スモモの3本と並んで置いてある鉢植え「貴陽」の剪定をしました。

手前から「太陽」、真ん中が「プラム井上」で

奥が品種不明のスモモですが、

株元に接いだ「貴陽」が元株のように大きくなっています。



紅葉後の落葉も進んでいましたので陽射しに誘われて

急遽剪定作業となりました。

sumomo1206c1



どの株も元気でして防鳥ネットを突き抜けて徒長枝がのびています。

毎年の様に切り戻しをガッツリやって

樹高を押さえています。

sumomo1206c2




奥にあります不明種ですが前述しました様に、

ほとんど”貴陽の樹”といった様相を呈しています。

矢印の方向から見たのが右画像になります。

拡大してみますと黒線で分けた左が貴陽です。

fu_kiyo1206c1

接ぎ木3年経過の貴陽ですが元株の太さを超えそうな勢いです。




徒長枝の整理と樹冠の日陰になりそうな太枝は、

ノコギリで切り取っています。

 

剪定枝は2つの山盛りが出来ました。

後日、粉砕器でチップにする予定です。

senteigo1206c1

太陽の高枝には今年高接ぎしていますが、

チョット高枝過ぎて通常作業であれば切り詰めたい太枝でした。




プラム井上には、「紫峰」、「貴陽」、「バイオチェリー」のほかに、

「秋姫」や「紅りょうぜん」が高接ぎしてあります。

p_inoue1206c1

樹冠と枝の広がりを意識して縮小・整理しました。



不明種も樹冠を明るく開けて木陰を少なくしました。

当然のように貴陽の受粉樹であるバイオチェリーは

高接ぎしてあります。

fumei1206c1



貴陽や太陽の徒長枝は挿し木の穂木として

良質な枝ですので来春用に確保しました。



上の畑にはまだ鉢植えのスモモやプルーン、

杏などが多数残っています。



気まぐれな剪定作業ですが、

こうして少しずつやっつけて行くのが流儀です(^_^)。






・・



この記事へのコメント

日本一の果実
2010年12月06日 20:36
貴陽はやはり樹勢が強いのですね。
以前私も大きくさせ過ぎまして、結局倒すはめになりました。
しおさんのように気合入れて剪定しないと行けませんね。
しかしながら接木でこの太さは見事です。
来年は品種通り大実になると良いですね。
高接ぎもこれくらいたくさんの品種がありますと収穫時期が楽しみになります。
Cr
2010年12月06日 20:54
樹勢の強い品種は弱い品種に接いだほうがいいのでしょうかね~。
三年でその太さとは、素晴らしい環境で生長しているのがわかります。
すごい量の穂木が確保できましたね。
ホワイトモグタン
2010年12月06日 20:56
こんばんは。
剪定作業お疲れ様でした。
開花した時に掲載されたスモモの樹たちですね。
綺麗に咲いていたのを覚えています。

スッキリしましたね。
スモモも1年でかなり伸びますので遣り甲斐がありますね。
これからは剪定シーズンになりますのでぐっすり眠れそうですね。笑
しお>日本一の果実さん
2010年12月06日 23:11
貴陽の樹勢は凄いものがありますね。例外なく接木した穂の成長は凄いです。
そろそろ高接ぎ品種の収穫も楽しみたいと思っています。
しお>Cr さん
2010年12月06日 23:14
使い分けが必要でしょうね。どちらが良いのかまだ経験値が少ないですね。
穂木もほどほどの数にしています。
しお>ホワイトモグタンさん
2010年12月06日 23:17
こんばんは。今年のスモモは開花までは順調でしたが、結実は全くの不調でした。

しばらくは剪定作業で忙しくしていられそうです。
お互いに疲れを持ち越さない程度に頑張りましょう。