桃の剪定(今日は9本)

今日も午後から下の畑で剪定作業です。

桃やネクタリンなどの品種9本を一気に剪定しました。

この剪定が終わりますと残る果樹はリンゴやキウイなど

数少なくなります。



桃類は地植え効果が最も如実に現れた果樹の一つでして、

主幹の太りや枝の発生・伸長は目を見張るものがありました。



剪定前の桃類の落葉した様子です。

本日はこの並びにある9本を剪定しました。

momo1222c1




黄肉桃の新しめの品種です。

他の品種に比べて、花芽の付きが良くないのが気懸かりです。

kirara1222c1




上の畑では鉢栽培で生育が芳しくなかった「西王母」ですが、

露地に解き放たれた効果は絶大でして、

1年で桃の木らしくなりました。

今後が楽しみな1本です。

seio1222c1

現時点でも花芽が沢山付いていますが、

剪定でフトコロ枝はほとんど切り落としました。



ネクタリンの「ハネージュ」は最も生長が著しかった樹になります。

剪定枝の量からもその茂り具合がお分かりかも知れません。

haney1222c1

我が園では唯一のネクタリンですが、

どんな実が付くのか非常に楽しみなところです。



花芽も一杯付きました。

ここに植えた桃の全てが2,3年後に本来の実成を示すものと思っています。

樹が落ち着くまでコンパクト樹形を心がけることになります。

natuo1222c1



最新の黄肉桃の「スウィート光黄」。

黄金桃の美味しさを受け継ぐニューフェースと言ったところでしょうか。

sweet1222c1



この桃の元木は実家の畑に植え付けた10年生の「清水白桃」です。

ここで二代目が生長過程にあります。

simizu1222c1



やや小振りの「蟠桃」ですが今年はハクビシンの食害に遭いました。

キウイ棚に近いのでよりコンパクトな樹形維持が必須です。

bant1222c1



晩生の「美晴白桃」の枝は這い性で樹高が低いです。

下枝を落としてやや立性に改変中です。

mihar1222c1



「おどろき」は上の畑で虫の息でしたが、

無事ここまで回復しました。

odoro1222c1

若干の徒長枝を整理したのみです。



これで、全9種を剪定し終えました。

一応、穂木の保存もしています(後日アップ予定)。



大分見通しが良くなった感じです。

この位に維持できますと、樹間も通りやすくて快適です。

momo1222c2



少しずつ進めていた剪定作業も

これで年内完了の可能性が出てきました。



ホッとしてます。





・・



この記事へのコメント

Cr
2010年12月22日 22:00
剪定後の(驚き)ではないんですね(笑

柑橘の剪定時期はまだまだなので、することがありません(笑
実の生ってないので、生長だけが楽しみなのですが、今の時期は止まっているわけで作業がありません。
しお>Cr さん
2010年12月22日 22:08
驚かせて申し訳ないです

柑橘系は春先ですか?
品種を沢山お持ちのようですから、作業が始まると大変でしょうね。
力を蓄えておいて下さい。
ホワイトモグタン
2010年12月22日 22:54
こんばんは。
沢山の樹を剪定されましたね。
お疲れ様です。
それにしてもあの樹があんなに大きくなったとはね。笑
画像をアップで拝見させていただき、幾つかの点に気付きました。
日本一の果実
2010年12月23日 05:58
驚きで盛り上がっていますね。
【おどろき】はおどろくほど甘いところからネーミングされたと思いますが。来年収穫された時は本当におどろいて下さい。

桃も収穫を考えますと路地ですね。
今年どの桃も順調に成長されたようで何よりです。
これで年々収量が増えてたくさんおいしい桃が食べられることでしょう。
楽しみな品種がずらり並んでますから栽培にも気合が入りますね。
しお>ホワイトモグタンさん
2010年12月23日 07:22
おはようございます。
おそらく鉢植えではここまでの生長は見られなかったものと思いますね。良い苗であったのも幸いでした。またお願いします(^_^)。
お手透きの折に是非お気づきの点について、ご指導願います。
しお>日本一の果実さん
2010年12月23日 07:27
「おどろき」は固い桃の代表的品種ですので、カリカリで美味しい試食が楽しみです。
獣たちの餌にならない様に気を付けたいですね。気合いを入れて育てていきます。
2010年12月23日 17:06
たくさんの剪定、ご苦労様です。
やはり地植えの木は成長に目を見張るものがあります。これからだんだんと木が大きくなってくると剪定も大変になりそうですね。
しお>桃太郎さん
2010年12月23日 18:21
地植えが主体の桃太郎さんの所では当たり前の生長でしょうが、露地植え1年生は驚きの生長で鉢植えとの違いを実感しています。
樹が大きくなりすぎないように心して剪定しないといけませんね。