梨の葉の紅葉も意外と綺麗!

下の畑に植え付けてあります梨類ですが、

開花と結実・収穫時期くらいで

登場機会が少ない果樹になっています。



しっかり育って養分の蓄積に十分な働きを終えた葉は、

紅葉して散っていきます。

この紅葉ですが、

じっくり見てみますと梨の紅葉も意外と綺麗です。



黄色が鮮やかな「ジャンボ新高」の紅葉です。

大分散ってしまったようですが残った葉は、

見応えがあります。

Jnitaka1201c1




まだ緑の葉を残しながらの「豊水」の紅葉は、

黄色が主体の色です。

hosui1201c1




一方、洋ナシの「カルフォルニア」には全く紅葉の様子はなく、

青い葉が一杯着いたままです。

carfornia1201c1




明確な紅葉にはならずに

落葉し始めている「オーロラ」です。

o-rola1201c1




西洋ナシは余り紅葉が得意では無さそうです。

青からパラパラ落葉の桃タイプのようです。

zeneralreclak1201c1




近くに植わっています「カリン」は、

お手本のような紅葉真っ盛りでした。

karin1201c1

赤く染まるのが特徴のようです。



落葉果樹の楽しみ方の一つですね。

梨には申し訳ないことでした。

 

毎年、綺麗な紅葉を示しているこの時期の和梨に

もっと注目しなければいけませんでした。





・・



この記事へのコメント

mint2313
2010年12月01日 18:25
本当に紅葉きれいですね。こちらの梨も少し紅葉してます。
カリンは赤より黄色に紅葉してます。こちらは鉢主体
なので地植えの大きな木はうらやましい限りです。
しお>mint2313さん
2010年12月01日 19:39
意外な綺麗さにアップしてみました(^_^)。
ウチも1年前まではほとんど上の畑で鉢栽培でしたので、下の畑の地植え苗はやっと解き放されてノビノビしていますね。
日本一の果実
2010年12月01日 21:09
梨の紅葉も綺麗です。
確かに和梨と洋梨は全く違いますね。
紅葉も違いますが病気の罹り易さも全く違います。
洋梨は強いです。
和梨にもっと頑張って欲しい気持ちです。
中国梨は病気に関しましては和梨と洋梨の中間と言った感じです。
いろいろと特製が異なり面白いですね。
和梨はおいしいですが周りの環境が厳しく栽培が難しいです。
しお>日本一の果実さん
2010年12月01日 21:40
梨では色々勉強されたようですね。カイズカイブキが近場で栽培されてる条件での和梨は厳しいですね。
洋ナシの強健性に期待したいところですね。
ホワイトモグタン
2010年12月01日 22:40
こんばんは。
和梨の紅葉は綺麗ですよね。
特に晩生品種が綺麗に色付きますね。
今の時期は樹の鑑賞も良いものです。
2010年12月01日 23:09
ジャンボ新高、確かに奇麗な紅葉ですね!写真でこれですから、実物は更にだろうと想像してしまいます(^^)
諏訪湖のほとりにカリンが沢山植えてあったのを思い出しました。懐かしいです(^^)
しお>ホワイトモグタンさん
2010年12月01日 23:15
こんばんは。
パイプたばこの煙をくゆらせながらボーッと色付いた果樹を眺めている時間もいいものですね。
これも一つの楽しみ方だと思います。
しお>かいづさん
2010年12月01日 23:19
ハット見入ってしまう色合いでした。和梨の紅葉も侮れません。
諏訪湖周辺のカリンは私も若い頃に見た記憶があります。
実の黄色と赤い紅葉は見映えがするでしょうね。
2010年12月02日 00:39
こんばんは。
果樹も品種が多いと紅葉も色々で綺麗ですね。
我が家で紅葉するのはブルーベリーと柿ぐらいで、あとは一時の「枯れ葉」で終わってしまいます。ちょっと寂しいです。
しお>太兵衛さん
2010年12月02日 07:13
おはようございます。
同じ落葉果樹でも、全く色変化しないで落葉する樹種も有りで面白いですね。
そうですか、来年は樹種が増えると良いですね。
Kevin
2011年12月21日 11:32
梨の紅葉といえば、園芸用のマメナシ(学名:Pyrus calleryana 英名:Callery Pear または Flowering Pear)の紅葉が最高です!! 
燃えるような赤に紅葉してそれは見事なんですよ。お宅でも栽培したらいかがでしょうか?
しお>Kevinさん
2011年12月21日 11:43
園芸用の豆梨と同じものか否かは不明ですが、豆梨台の紅葉は庭先で綺麗に見られました。
仰る様に、鮮やかな紅葉は侮れないと思いました。