ブドウの行灯作り:(整枝・剪定)

コンパクトな樹形でブドウ栽培を楽しむには、

小鉢植えの行灯作りが良さそうです。

今年は、「キャンベルスアーリー」などの5品種の

行灯仕立てに果房が付いて味わうことが出来ました。



豊作をお望みの愛好家さんには不向きの樹形ですが、

多品種のブドウを味見したい向きには好都合な仕立て方です。



今年は小鉢ながら沢山の房を付けすぎました。

「キャンベルスアーリー」の10号鉢栽培ですと、

欲張らずに7~8房くらいが妥当でしょうか。

この樹だけは先日整枝していました。

kyanber1208c1

樹勢の回復を願ってお礼肥を早めに与えました。




以下の品種は、本日整枝・剪定しました。

 

たった一房の収穫でしたが、濃い色付きと濃厚な味わいには

大満足の「選抜ピオーネ」でした。

pione1208c1

大玉種ですが3房位を狙いたいところです。




香りと味わいが好きだという「ナイアガラ」ファンが

意外と多いのにビックリしましたが、

黄色く色付いた完熟ナイアガラは、

絶品でした。

naiaga1208c1




豊産性の「スチューベン」は、熟期が非常に長いのも驚きます。

12月に収穫の桃太郎さんレポートでビックリです。

styu1208c1

来年はじっくり完熟させてみようかしら。




完熟前で色付きも不完全ながら美味しかった「ハニーレッド」。

このブドウ品種は是非完熟果を収穫してみたい・・と、

強い願望が芽生えました。

haneyred1208c1



欧州種のリザマートとビッテロビアンコは、

棚仕立てで栽培中ですが来春は規模縮小の予定です。

vittero1208c1

今後は、挿し木苗を行灯作りで維持する予定です。



7号鉢から10号鉢の小鉢で栽培中の

行灯仕立てブドウ苗です。



コンパクトな樹形ですので場所を取らず、

多品種栽培をしたい場合は嬉しい仕立て方です。





・・



この記事へのコメント

日本一の果実
2010年12月08日 20:45
私も行灯仕立てに賛成です。
一鉢に一~二房。
一房ですと気合が入ります。
大きな樹になりますとなかなか一房の有り難味が忘れがちになります。
失敗したら終わりと言うプレッシャーがかかった栽培も必要だと思います。
私もぶどうの行灯仕立て、先々10鉢くらいはやりたいですね。
身近でも楽しみたいと思います。
しお>日本一の果実さん
2010年12月08日 23:08
行灯仕立ては気楽にブドウ栽培が楽しめますので良い樹形ですね。
豊作は望めませんが房数を上手くコントロール出来ますと、良い房も出来ます。
是非、多品種のブドウで良い房を楽しんで下さい。
2010年12月08日 23:20
鉢植えだと雨除けとかの管理も楽ですし、多品種栽培にはいいですね。収量は、やはり根量に比例するということでしょうね。
しお>桃太郎さん
2010年12月08日 23:39
行灯仕立てでは収量が限定されますね。仰るように小鉢ですので仕方ないことですね。
味見が出来ましたら十分だと思っています。
スチューベンの12月収穫、試してみたいです。
ホワイトモグタン
2010年12月09日 06:51
おはようございます。
品種事に個々の特徴があり来年も楽しみですね。
多品種を手軽に楽しむのには鉢植えの行灯仕立ては持って来いですね。
今後、更に置き場に困る事でしょう。笑
しお>ホワイトモグタンさん
2010年12月09日 07:49
おはようございます。
ウチみたいな狭小圃場には、最も適した栽培法でしょうね。
キウイの「紅美人」に魅せられて、私も注文してみました。

いすい
2010年12月09日 11:47
私も4年生のデラと昨年購入のロザリオビアンコと2種行灯仕立てしてますが、しおさんの剪定前の画像では側枝?は50センチ程度のように見えますがどうなんでしょうか?葉数で止めていらっしゃるのですか?デラは今春植え替えしたのですが、葉ばかりが繁ってしまいまして(^_^;) 
しお>いすいさん
2010年12月09日 15:39
太めの側枝は50cm位でした。収穫株は特に徒長枝は見られませんでしたね。
房が付いた頃のピンチ以外は、特に新梢を切れ詰めるような事はやっていません。
収穫出来るようになりますとそこそこ落ち着いた樹勢になるようです。