イチジク苗の鉢増し

先日、下の畑にイチジクを根域制限で植え付けましたが、

今年の挿木苗がポリポットに鉢上げ後、放置されていました。

6月に遅ればせながら一度鉢上げをしていましたが、

本格的な鉢栽培用に8~10号鉢への鉢増しを行いました。



挿木した品種は8種ほどでしたが、

鉢増しした苗以外に下の1,2画像のような何本かの苗が残りました。

itijiku1118c5



itijiku1118c6

これらの挿木苗は保険苗としてしっかり確保しておきませんと、

カミキリムシ被害が蔓延しています当地では厳しいことになります。




今回の鉢増しは、

収穫株を目指していますのでやや大きめの8~10号鉢を用いています。

bana-ne1118c1

「バナーネ」は栽培し易い大実種で、美味しい品種です。




極甘系のイチジクが多いですが、

大玉系も魅力的です。

rondobo1118c2

イチジク苗が白っぽくペイントされていますのは、

ガットサイトSを塗って有ります。




「ビオレッタ」は100g以上と大きめのイチジクで

夏・秋の2季成り性も嬉しい品種です。

vioreta1118c3



外せないのが「ドーフィン」でして、

安定収穫の一番手でしょうか。

dofin1118c4




昨年の暮れに地植えした「」と「」は、

1年と保たずに枯れてしまいました。

 

 

今年は、リベンジの2種を地植えしました。

「ドーフィン」も完熟果は結構美味しく頂けます。

dofin1118c6

極甘ばかりでは舌が鈍ってしまいそうで、

中間的な品種として頑張って貰います。



まだまともな収穫に至っていない「ダルマティ」です。

しっかりガットサイトをペイントしました。

darumaty1118c4

露地植えでは、短くても3年くらいは保って欲しいものです。



しっかり、予防と駆除を徹底してやっていくつもりです。



来年は、イチジク栽培の区切りの年としたいとの思いでおります。

手間暇を惜しまずに、脱落苗ゼロを目指します。




午後は、急激な雷雨となりひとしきりの雨は

久々の良いお湿りとなりました。





・・



この記事へのコメント

日本一の果実
2010年11月18日 20:38
ドーフィンを残されたのは流石です。
私も最近考えが変わりつつあります。
イチジクに限らず他の果樹もそうですが、安定的に収穫できるものは貴重だと思います。
できればそれらは豊産性の方が有り難いです。
来年多品種のイチジクが収穫できると良いですね。
しお>日本一の果実さん
2010年11月18日 20:56
こんばんは、日本一の果実さん。
ドーフィンやホワイトゼノアは、絶やさずに維持しています。安定的な収穫株は貴重ですね(^_^)。
来年は一種類でも多くの品種で収穫を目指します。‥の予定です。

いすい
2010年11月19日 15:16
こんにちは、いちじくも色んな種類があるんですね~!今年は4年振りに植え替えしたら結構いいのが実りました。植え替えした方が良さそうですね。
しお>いすいさん
2010年11月19日 15:22
昨日は、ありがとうございました。

鉢植えですと1,2年で根鉢が一杯になりますね。定期的な植え替えは良い稔りへの第一歩でしょうね。大鉢ですと数も稼げますね。