桃、りんごの摘果作業

今年の桃開花時期には蜜蜂の訪花が少なく、

例年は人工受粉をしたことがなかったのですが、

この春は梵天で撫で回しました。



その効果が出たのか否かは不明ですが、

良い感じで着果していました。



やや遅れ気味ですが、摘果作業を行いました。



毎年、良く実が付いています「なつっこ」は、

今年も良好な実付きでした。

natuko0508c2



今年の「山吹大玉あかつき」はやや調子を崩しているようで、

結実不良が心配されましたが、

まずまずの 着果となりました。

akatuki0508c3



今日は、第一回目の摘果という事で、

重なり果や枝上果の間引きを主体に実施しました。

 

他の「白鳳」、「大玉白鳳」、「田上姫」や「照手水蜜」などの品種も

同様に摘果を実施しています。




***********************************




開花が遅いりんごの花が開く頃には、

気温も例年並みに戻り

蜜蜂の姿が見られるようになっていました。



虫達のお陰で順調な結実状況です。



鉢栽培でありながら多品種高接ぎのりんごですので、

品種毎の収量は微々たるものです。



少ないながら

スーパーでは余り見かけない品種も味わう事が出来ます。




この「ジャンボ王林」には、

7品種の高接ぎ枝が混在しています。

王林は実付きが良くて毎年安定した収穫量です。

orin0508c4

今年、60L鉢から100L鉢に鉢増ししています。




この「らくらくふじ」は、

我が家では王林に次いで古株になります。

やはりこのふじにも多品種を接いであります。

rakufuji0508c5




18年生の「アルプス乙女」にも多品種接ぎ木済みです。

アルプス乙女も毎年良く実を付けています。

ALotome0508c1




実付きはよいのですが小玉が不満な「シナノゴールド」です。

思い切った摘果で果実の増大を狙います。

sinanoG0508c6




初生りの「こうみつ」はどの様なりんごとなるのか

外見や味見などが楽しみです。

koumitu0508c1




今年は何種類のりんご品種を収穫出来るでしょうか。

今後の参考に、

記録でも残してみようかと思います。



外見写真、果重、食味・・などを と。





・・



この記事へのコメント

2010年05月08日 22:53
無事結実されたようで何よりです。
しおさんの豊富な品種で、比較記録されるとは、これは楽しみです。
日本一の果実
2010年05月08日 23:56
ミツ蜂もようやく活動を始めたようですね。
桃・リンゴはこれで例年のようにたくさん収穫できそうですね。
今年家の桃は非常に厳しい状況です。
葉っぱが病気で改めて桃栽培の難しさを実感しております。
少々面倒な摘果作業ですが、頑張って下さい。
ホワイトモグタン
2010年05月09日 00:05
こんばんは。
良い感じで着果しましたね。
こちらではハナムグリが沢山やってきて受粉してくれて助かっています。
あとはあの虫が来ない事を祈りたいですね。
対策の一環として、うちでは早々に袋を掛けようと思っています。
テル
2010年05月09日 09:04
当地よりも2週間程度先行しているようですね。
異常気象のせいか近隣県の防除指針では今年は病気の発生が多い様です。
そちらは如何でしょう?

頂きましたヒムロッド・・幾つかの花穂が付いていましたがシャクトリにやられて1ヶ残りになってしまいました(泣

しお>日本一の果実さん
2010年05月09日 11:43
蜜蜂の復活でブルーベリーが命拾いをしました。
沢山ではありませんが、味わう程度の収穫を目指しています。摘蕾・摘果など世話が必要な果樹ですが私のような手抜きでも何とか収穫出来るのが家庭果樹の楽しさですね。
しお>ホワイトモグタンさん
2010年05月09日 11:46
こんにちは。
あのチョッキリさんですか。袋かけは重要な作業ですね。ウチももう少し肥大しましたら実施の予定です。
今年も美味しい収穫を目指しましょう。
しお>テルさん
2010年05月09日 11:56
若干先行してますか。異常気象の性か定かではありませんが、毎年1回の石灰硫黄合剤散布で縮葉病は完璧に防いでいましたが、今年は2,3品種の桃で縮葉病を発症していました。

ヒムロッドはシャクトリ被害に遭いましたか。ウチのヒムロッドは今年はダメ剪定の影響で、少ない花房です。豊産性だと油断してしまいました。気まぐれ栽培は良くありませんです。
しお>桃太郎さん
2010年05月09日 12:17
返信コメントが遅れまして失礼致しました。

やっと例年並みの果樹の登場です。やっぱり実の付いていない果樹は、寂しいですから・・。
少量多品種収穫の楽しみとして、果実カタログ様なものを目指してみます

2010年05月09日 20:59
こちらでは
桃の生理落下がはげしい品種があり
病気で無く健康そのものなのに
ほぼテンパリ状態(1、2個)になった品種があります
ウッソ~ンと心の中で叫びました
そんな品種は
やや遅れ気味で摘果作業しないといけないなと
しおさんの記載をみて思いました
しお>ナアンさん
2010年05月09日 23:06
こんばんは、ナアンさん。
品種によっては激しい生理落果がありますね。昔、庭に植えていました瀬戸内白桃は、毎年結実しましたが全て落果してしまい、バッサリ処分しました。摘果の苦労は味わえませんでした
2010年05月10日 08:53
瀬戸内白桃は今秋に購入予定でしたので
先に情報をお聞きして良かった~っ
ありがとうございます
知らずに育ててたら泣きたくなるところです
今年の肥料はメインで油カス+IB-S1で昨年のサージン+IB050より窒素分が多かったので
生理落果の激しいのは肥培管理を見直そうと思います
しお>ナアンさん
2010年05月10日 16:58
そうでしたか、鉢植えですと多少はましかも知れませんが生理落果の見本樹でした。
果樹では窒素分が多いと、余り良い事はなさそうですね。ウチも肥料管理の見直しを考えています。