満開の佐藤錦:S.F.Takaさんの桜桃栽培③

去る5/2にS.F.Takaさんから

サクランボの開花が始まったとの連絡を頂きました。



そして、今日

”佐藤錦がほぼ満開”との便りが届きました。

例の由緒正しい60年生の佐藤錦です。



まずは、お花見をどうぞ!

(画像は全てクリックで拡大します)



satonisiki1c1



satonisiki2c2

受粉は、ジャボレーや蔵王錦の枝をバケツに挿して

各株元近くに置いておきます(ピンクのバケツ)。





佐藤錦アップ画像

mankai1c3



mankai2c4

このうちのほんの一枝が、

我が家の桜桃全開花数ってとこですね。




一つ一つの花が大きくてしっかりしています。



この写真は、5/2に撮影した蜜蜂の訪花の様子です。

napo_hatic1




全身に花粉を付けた「マメコバチ」。

小さいながら受粉には欠かせない働き者(5/2)。

sato_mamekoc2




受粉樹に使われる蔵王錦も開花が始まり、

グッドタイミングな開花状況のようです。

zaonisikic32




S.F.Takaさんによりますと今年は、

各品種(ナポレオン・紅秀峰・高砂・佐藤錦・ジャボレー・・・etc)

がほぼ同時に開花し出したようです。



受粉樹の枝を切り取り、

バケツに挿して各株元や横枝に配置しているようです。




栽培4年目の「月山錦」は、2本植え付けていますが、

一本の月山錦はナポレオンと高砂の花粉で人工受粉し、

もう一本にはジャボレーと紅秀峰で受粉しています。

gasan1c5



gasan2c6

日をおいて、どちらにも紅きらりで受粉作業をしたようです。




S.F.Takaさんの見立てでは、

幾つかの花で受粉できたような花も見られているようです。



受粉できたような月山錦の1花?

jyufunc1





今後、佐藤錦の結実状況がとても楽しみです。



さらに、月山錦の結実状況も大変気になります。




しばらくは、刻々と変わる桜桃の様子から

目が離せない方も多いのではないでしょうか。




S.F.Takaさんには、

お忙しい本業の傍ら、

山形からのさくらんぼ便りの継続を

宜しくお願いしたいと思っています。




@デジカメ画像・情報のご提供はS.F.Takaさんです。





・・



この記事へのコメント

日本一の果実
2010年05月06日 20:40
60年生の桜桃は側枝が結構低い所から伸び樹形作りの参考になります。
植え付け時にどこまで切り詰めるかで樹形の基本が決まるというのがわかるような気が致します。
受粉用のジャボレーはこれくらいの量で良いのですね。
ジャボレーも負けず大きな樹かと思っておりました。
月山錦は注目ですね。
またぜひ続報をお願い致します。
山形の1~2月の最低気温・最高気温(およそで結構です)もお聞かせ願えたらありがたいのですが。
S.F.Taka
2010年05月06日 21:28
>日本一の果実さん

受粉用のバケツ挿し枝ですが、ここの場合は実はそんなに必要なく、ジャボレーを切りすぎたので(余ったので)挿してあるんですね。
この樹の後ろに25年生の蔵王錦と50年生のナポレオンがあり、この画像を撮っている私のすぐ後ろには、近所の人が作っているナポレオンの巨大な樹がありますので、受粉樹にには事欠きません。

1月2月の気温ですが、ほぼ平年並みかやや暖かかった感じです。
但し、3月は平年より寒く、4月下旬まで平年より2度ばかり低い気温でした。
今年の開花が遅れたのは、3月、4月の低温のためです。当地では4月の平均気温2度は平年ですと2週間に相当します。
なので、開花もちょうど2週間遅れました。
この開花期の遅れは、40年ほど前の開花期と同じみたいで(大正生まれのお袋談)格別心配するほどのことでもなさそうです。
だと今年の佐藤錦の最盛期は6月25日から28日でしょう。去年より数日遅いだけとなるようです。
2010年05月06日 23:31
画像をクリックしてみましたら、何と見事な咲きっぷり!堪能させて頂きました(^^)しかし、流石ですね~。
しおさんの佐藤錦もしっかり受粉出来ていますように!楽しみですね。
仙人
2010年05月07日 00:00
いやぁ~綺麗に開花が揃ってますねぇ。
60年生の佐藤錦には60年の努力とノウハウが詰まっているんでしょうね。本を読むと自分にも作れそうな気分になるのですが、こうしてプロ農家の画像で見てしまうと とてもマネできないことがわかります。
ちょっとショックですね。。
日本一の果実
2010年05月07日 06:05
S.F.Taka様
今年は一度暖かくなりかけて、一気に真冬並みに冷え込みました。
これが桜桃に限らず他の果樹にもいたずらをしたようです。
25年生・50年生も家宝の60年生同様私の想像をはるかに超えております。
(人生を超えた樹は偉大過ぎます)
確かに本場山形ですと、受粉樹もさぞ立派で心配に足りませんね。(失礼致しました)
しおさんを通し本場山形の素晴らしい桜桃を拝見させて下さい。
今は数個しか桜桃が出来ておりませんが、情熱と夢をいただいております。
これが励みとなり、今年よりは来年と言ったように次に繋がって行きます。
しお>かいづさん
2010年05月07日 07:02
本場の咲きっぷりは違いますね。現物はもっと迫力があるんでしょうね。いつかは生で見てみたい気がしました。
ウチの今年の桜桃は、全くダメでして結実果を探すのに苦労しています
また、来年出直します。
しお>仙人さん
2010年05月07日 07:09
仙人さん、おはようございます。
あの大きな佐藤錦はなかなか真似できませんが、仙人さんの桜桃栽培技術も高いレベルであるといつも感心しながら拝見しています。
素人栽培者の手本としての存在は、何ら変わりがないと思っています。
”黄色いさくらんぼ、いつかは鈴生り・・”を目指して頑張りましょう。