プラム類の結実、危うし

今年もプラム類の杏やすももの開花は

極めて順調そのものでした。

しかし、

その後の天候不順の影響か

どうかは定かではありませんが

結実状況に異常ありです。



先日の遅霜もその一つに過ぎない、

低温・多雨の気象が大いに影響したかも知れません。



昨日は県内の65%の茶葉が遅霜にやられた

とのニュースが放映されていました。



毎年、何もしなくてもしっかり結実していた

すももの「紫峰」でしたが、

今年は全く結実無しの可能性も・・・。

siho0406c

花柄がポロポロ落ちていきます。



早咲きのすもものほとんどは、

こんな状態です。



受粉相性の良い「貴陽」と「バイオチェリー」も

紫峰と同じ様な状況です。

kiyo0406c

元々豊産性ではない「貴陽」でしたが、

全く実が無い年になりそうです。



受粉樹の「バイオチェリー」は生りすぎ傾向が見られますが、

今年は”生らなすぎ”って感じです。

bioche0406c1




西洋アンズの「ゴールドコット」は、

毎年、ほどほどの収穫をもたらしてくれています。

しかし、

今年はその再現は望めそうにありません。

goldcot0406c

花柄だけが無残に残ったゴールドコットです。




プラムではないですが、

「暖地桜桃」も異常果が目立ちます。

まだ幼果なのに実割れ果が非常に多いです。

danti0406c

気温が低くて雨の多い天候が

影響したものと思われます。



今年の当地の果樹は

受難の年のようです。



おそらくこれらの現象は

当地のような温暖な地方での冷害の一つかと

見ています。



果樹栽培を始めてから

初めて経験する不作の年となりそうです。



今年は、

ブログ仲間の方々がアップされる

果実の成長過程を拝見しながら、

楽しませて頂きます。





・・





この記事へのコメント

WAHRHEIT
2010年04月07日 09:16
こういうときこそ柑橘系に力を注いでみてはどうでしょうかー。
あと、枇杷にも(笑)
しお>WAHRHEITさん
2010年04月07日 11:37
柑橘系ですかぁ~。
ビワは好きな方ですので、興味はありますが流石に鉢植えでは無理がありますね。茂ると日陰が大きくて、狭い庭先では植える気になりません。
いつか、下の畑での栽培はあるかも知れませんね。
ホワイトモグタン
2010年04月07日 19:31
こんばんは。
今年は樹難の年になりましたね。
予報ですと当地は今晩も霜が降るようです。
当地でもいつ寒害に遭うか分りません。
自然の力には到底叶いませんので。

収穫が望めないのは残念ではありますが、その分、養分が貯蔵されて、充実した花芽形成が出来るのではないかと思います。
今年は裏年と割り切ってください。
その分、来年豊作となると思います。
しお>ホワイトモグタンさん
2010年04月07日 19:50
こんばんは、ホワイトモグタンさん。
優しいお言葉をありがとうございます。

そうですね、きっぱりと割り切って来年の復活を目指します。
日本一の果実
2010年04月07日 20:34
同じ品種でも栽培地によって耐寒性が違うのではないかと思います。
しおさんの地では果樹にとっても初めての経験で対応し切れなかったのではないでしょうか。
これで多少の免疫性はできるかもしれませんが、今年は厳しい年になりますね。
実割れはこのような幼果でも起きるのですね。
通常の浸透圧による膨張ではないように思います。
私のように技術の無いものが実を付けられないこととは違い、実力をお持ちのしおさんの場合はさぞ残念なことでしょう。
自然は容赦ないですね。
しお>日本一の果実さん
2010年04月07日 21:28
40年ぶりの冷害だったようです。
仰る通りですね。当地の植物の多くは対応しかねる自然現象だったと思います。
何もかも初めて見る異常事態には、驚いています。
今後は、復活の可能性のある果樹のケアーに努めようかと思っています。
2010年04月07日 22:53
痛ましいです・・・言葉もありません。
自然の怖さと一言では片付けられない虚しさが。
暖地桜桃まで裂果して今年は散々のようですが、元気出して下さい。こんなことしか言えずに済みません。
しお>かいづさん
2010年04月07日 23:09
かいづさん、ありがとうございます。
落ち込んでもいられませんので、残った果樹で少しでも結実が見られるように粘って見るつもりです。
これから開花のりんごもミツバチは期待薄ですので、今年は初めて人工受粉してみようかと思ったりしています。
ジュニ
2010年04月08日 07:45
我が家のプラム類は、初めてのお花見でしたので、こんなものかと思っていましたが、冷害の影響もあったのかもしれませんね。
花がらは全部落ちました。

桜桃がこんな小さなうちから割れるのも初めてみました。我が家は、みな真黒になり、今はほとんど木に残っておりません。
鳥よけネットを買ったのですが、必要なさそうです;;
先に新芽を出した柿の葉も、すべて枯れ、遅かった樹の方が助かったようです。

この地で冷害、遅霜を目の当たりに体験しようとは、夢にも思っておりませんでした。

しおさんもこの先、まだまだいろんな果樹たちが待っていますので、どうか頑張ってくださいね。
しお>ジュニさん
2010年04月08日 12:31
励ましをありがとうございます。
ジュニさんの所も冷害が多数発生したようで、残念でしたね。こんな年もあるんだと割り切って、来年に期待しましょう。
予報ではまだ冷え込む日もありそうですので、しばらくは油断できませんね。とは言うものの、対策しようもないのが歯がゆいですね。