気になる受粉状況

まだ朝晩の冷え込みもあり、

日中でも10℃前後と肌寒い日が多いです。



あんずやすももの開花は順調でしたが、

今年の冷え込みで働き者の「みつばち」が少ないです。

最悪の場合、今年の結実は無いのでは・・・と感じています。



ブルーベリーの開花も進んでいますがミツバチの訪花なしでは

受粉は期待薄です。



例年、何も気にすること無く結実していました

木イチゴに異変があるようです。

受粉しますと中央に盛り上がりが残りますが

見られません。

kajiiti0404c3 

おそらく同様だと思われます

モミジイチゴ。

momiji0404c1

今年の木イチゴには、黄色い実が見られないかも知れません。




折角結実した梅は遅霜で全滅です。

暖地桜桃や梅の開花時にはミツバチ訪花が見られました。

bungo0404c1

 ryuukyou0404c1

乾涸らびた幼果は無残です。




心配になりますのは、現在開花中の桃や梨類です。

陽射しのある日中でもミツバチはほとんど飛んでいません。

hokuho0404c1

akatuki0404c1

natuko0404c1 

気が向けば梵天でフリフリしていますが、

危うい状況です。




梨類も同様の状況に変わり在りません。

白く清楚の花は綺麗ですが、

受粉状況は厳しいままです。

nanyo0403c4

 nikori0403c5

こちらも受粉作業が必要な様です。




プルーンにも虫たちの姿はありません。

stalay0403c3

出来る限りの人工授粉をやらざるを得ません。




昨日、ナポレオンが2花ほど開花しました。

今年の一番花となります。

napoleon0403c2



紅秀峰もやや遅れての開花の模様です。

benisyuho0403c1



サクランボは人工授粉を予定していましたので、

冷凍保存していた花粉は冷蔵庫に移動しました。



昨年はナポレオンの花を摘んで花粉採取をしましたが、

今年は雄しべのみを切り取ろうかと思っています。



たった2花でも無駄に出来ません。

早速、雄しべを採取しました。

 kafun0404c1

乾燥して保存します。

もう少し開花が進んで沢山の花粉が採取出来たところで、

粉砕・石松子倍散などを行います。




もう少し暖かくなって欲しいです。



各果樹の新芽に勢いが感じられません。

異常気象でしょうか。





・・



この記事へのコメント

tangor農林8号
2010年04月04日 11:53
そういえば私も今年は蜜蜂を見ていないような気がします。寒くって体調くずしてしまったのでしょうか。なんとか人工授粉でなるといですね。
折角ついた梅の幼果が霜の被害にあって非常に残念ですね。一旦だめになると来年までリベンジできませんから本当に気が長くないといけませんね。
今年は変な気候になってますが、これからの気候が問題ない気候になってくれることを祈っております。
しお>tangor農林8号さん
2010年04月04日 13:59
ミツバチの訪花適温は気温が18~25℃ とのことで、今年の当地は18℃を下回る日が多いようです。居なくなって知るミツバチの貢献度は凄いですね。
異常気象の怖さを今年は色々経験しましたが、もう十分・・って感じです。
そちらの春はどうでしょうか。良い結実の春を迎えたいですね。
WAHRHEIT
2010年04月04日 18:08
しお様の家に近いかどうかはわかりませんが、小田原の梅園では8割の梅の実が凍り、収穫激減だそうです。
しお>WAHRHEITさん
2010年04月04日 18:19
小田原でも冷害がありましたか。熱海の梅園も同様なんでしょうね。
今年の実梅は貴重ですよ。WAHRHEITさんのところは大丈夫でしたか?
日本一の果実
2010年04月04日 19:10
こんにちは。
天気は良くても風が強く、寒い日が多いですね。
果樹の開花温度とミツ蜂の行動温度が違うことが問題ですね。
桃が5~7分咲きになっておりますので今日ミツ蜂を注意深く観察してみました。
1本に2~3匹程度でした。
これでもいないよりましかもしれません。
早く暖かくなって欲しいですね。
こちらは本日、梨がやっと開花を始めました。
しお>日本一の果実さん
2010年04月04日 19:48
こんばんは、日本一の果実さん。
安定しない天候が続きますね。桃にとっては2~3匹でも有り難いですよね。ウチにも来て欲しいです。
ウチも遅い品種の梨や桃の開花はまだ始まっていませんです。今年の特徴は、品種間に開花の早い遅いがハッキリしているようです。初体験事象が多すぎます、今年は・・。
2010年04月04日 21:56
カジイチゴは昔育てていましたが、放置でも成っていました。これも冷害なのでしょうか。。。残念です。
奇麗に咲きましても、訪花昆虫が来ませんと受粉が気掛かりですね。蜂の少ない我家でも、昨年まではチラホラ見ましたが、今年はサッパリです。何か変ですね・・・。しおさんのところは沢山の開花と思いますので、尚更大変だと思います。気温上がって、蜂に来て欲しいです。
S.F.Taka
2010年04月04日 22:39
佐藤錦の受粉に関しては、S遺伝子型に注意して行う必要がありますね。
ナポレオンはS3S4ですので佐藤錦のS3S6とは交配親和性ありますね。まぁ、この辺りは御存じの通りだと思います。
最近の「紅きらり」はS1S4ですが、S4座に自家結実の遺伝子持っていますので、単に交配だけでなく、単一植栽でもいい結果が得られる予感です。
また、同じ時期に開花していないと交配できないという問題もあります。たとえば月山錦は山形の場合ですと一番早く開花して、他に開花時期が合う物があまりないので苦労します。ま、家はジャボレー(S6S9)がありますのでなんとかなりますが。
受粉の問題では苦労しますが、受粉能率のよい実力ある花芽を作ることが受粉率の向上につながると思います。
黒田実氏の本は今日入手しました。
私と同じ考えのように思います。非常に共感出来ました。
しお>かいづさん
2010年04月04日 23:07
カジイチゴが結実しないなんて、余程のことでない限りあり得ないことと思いましたが、今年の冷害は予想以上でした。
花が咲いても例年のように手放しで喜べない年になりそうです。ミツバチの受粉能力の高を思い知らされました。気温の上昇を心待ちにしています。
しお>S.F.Takaさん
2010年04月04日 23:22
昨日は、受粉に備えてS遺伝子型から見た交配親和性を一覧表にして手持ち品種の組み合わせを確認しました。今のところ、ナポレオンと高砂を使い分けることになりそうです。S遺伝子型が分からない品種もありますが、様子を見ながら自前の交配一覧表を埋めていこうかと思います。
S.F.Takaさんは月山錦を栽培されていますでしょうか。ナポレオンで受粉しそうですが、実止まりが良くありません。栽培面で何かアドバイスがありましたらご教授下さいませ。
本を入手されましたか。S.F.Takaさんのお写真を拝見して、黒田氏の図と同じ様に感じましたが、やはり近いものがありましたか。私も、素人ながら良い内容にこの本に出会えたことを喜んでいました。

ミナ
2010年04月05日 13:45
こんにちは。はじめまして。私は東京在住です。去年すももの苗を3本購入しました。いくみと貴陽とサンタローザです。只今2本はちゃんと芽を出しましたが1本は接ぎ木した元から芽を出しています。これってだめですよね?いくみと貴陽って共通の受粉木なんてないですか?
しお>ミナさん
2010年04月05日 14:14
こんにちは、ミナさん。
台木から芽が出ていながら接ぎ穂に芽がないと心配ですね。一応、台木の芽は除去してしばらく様子を見てみるのが宜しいかと思います。
いくみの受粉相手は特に限定はないと思いますので、サンタローザなどの花粉で受粉すると思います。貴陽は難しい品種でして、ハリウッドやバイオチェリーが良いと言われています。開花時期が貴陽と同じ頃になるバイオチェリーがお勧めです。
S.F.Taka
2010年04月05日 15:25
>しおさん
月山錦はS3S6で、佐藤錦と同じですが、当地ではやたらめったら月山錦の開花が早く、その分受粉樹がないので結実はむずかしいですね。
私の辺りでは、月山錦は実らないさくらんぼの代名詞のように使われています。
私は2本だけ植えています。といっても今年で4年生なので実るかどうかわかりませんね。去年は10粒ほど実りました。(ジャボレーを使いました)
開花時期が他のものとほぼ一緒であれば、行けると思いますが、月山錦の花芽は基本的に弱いものが多く、受粉効率は落ちますし、1個の花芽に付く花数自体も3個きちんとそろっているものは少ないようで、ますます難しくなります。
めしべの受粉能率は開花直後が最も高く、その後は落ちてきますので、結実させたい品種は受粉樹よりも数日遅く開花させたいものですが、こればっかりは気候と天候によりますので。。。
WAHRHEIT
2010年04月05日 15:59
そうですね、9割ぐらい授粉しませんでした。
実が冷害でやられる以前に咲きかけでしたので、冷害はほとんどありませんでしたよー。
ハチが来なくて受粉されてませんがorz
しお>S.F.Takaさん
2010年04月05日 17:32
S.F.Takaさん、ありがとうございます。
本場の山形でも難しい品種であることはよく見聞きしていました。ジャボレーは受粉樹として良さそうですね。
ウチの月山錦も今年の開花が4回目となりますが、今年当たりは味わってみたいところですが、難しさは変わっていませんです。どんな花が咲いてくれるのか不安と期待の日々になります。今年は花数に気をつけて見てみたいと思います。


しお>WAHRHEITさん
2010年04月05日 17:35
そうしますと、今年の実梅は不作の予感でしょうかね。
冷害は無かったようで、他の果樹への事を考えますと良かったですね。
蜂は、全国的に少ないようで早く暖かくなって欲しいですね。
ミナ
2010年04月05日 20:44
ありがとうございます。購入先にもメールを送ってみました。まさかお詫びに苗を送ってくれないとはおもいますが。明日芽を切りとります。私も果樹の鉢栽培を始めてわからないことばかりです。いろいろ教えてください。
しお>ミナさん
2010年04月05日 21:07
メールにデジカメ画像を添付されると良いかも知れませんね。今季の購入でしたら代品の可能性もあると思います。誠実な対応を期待したいですね。
ご一緒に鉢果樹栽培を楽しめましたら幸いです
2010年04月05日 23:22
こちらもミツバチが全くとんでいません。
せっせと人口受粉出来るものはやりましたが、プチルビーが、こちらのカジイチゴのように、受粉できていません。
小梅の萎んだのは、見ていてつらいですね。
こちら南高も全滅のようです;;

しおさんの参考にされていた本は、大玉・高糖度のサクランボつくりだったのですね。
私はこの本を楽天ブックスのお気に入りに入れてあるのです。いつか買いたいという思いを込めて。
でも、まだまだこの域には達していないと感じていたので、手付かずですが・・・・。
なかなか難しそうなのですね。
サクランボは気難しそうなので、チャレンジはもう少し先に伸ばします。

しお>ジュニさん
2010年04月06日 07:28
ミツバチが少ないのは低めの気温の影響であれば、やがて回復が望めると思っていますが・・心配ですね。
豊後も全滅でした。
そうですか、ジュニさんもこの本はお気に入りでしたか。分かりやすい内容でして、一見の価値はあると思います。
サクランボ栽培は花芽作りのコツみたいなところを覚えますと、その応用編で枝作りに展開すると思います。面白い果樹だと思いますよ。
ミナ
2010年04月06日 13:39
すももの購入先からメールがきました。交換していただけるようです。ただ種類がわからなくなってしまい困ってます。貴陽は穂木の品種が付けたままでいくみ&サンタローザをセット買ったのを植え付け品種は取れてしまい物忘れが多いのでまったく記憶にありません。いくみかサンタローザの葉っぱに特徴ありますか?
しお>ミナさん
2010年04月06日 13:56
早い対応で良かったですね。
いくみとサンタローザに葉の違い判別は難しいですね。動き出しも似ていますので判別は困難だと思います。
いくみと言うことで交換して貰うのが賢明だと思います。サンタローザはHCなどで安価に購入できますので、見かけた時に購入しておくのが良策でしょう。
ミナ
2010年04月06日 15:22
いくみが在庫がないということでビックオザークになりました。1本でなるということです。よかったです。ありがとうございました。また相談にのってください。よろしくお願いします。
しお>ミナさん
2010年04月06日 15:31
取り敢えずいい落とし所となりましたね。
これから品種が増えると思いますが、迷子札はますます必要になるんでしょうね。
栽培、頑張って下さい