実生苗や台木の整備

上の畑の鉢置き場には、

自然実生苗が自生していることを以前アップしました。



また、鉢果樹の鉢下には培養土の空袋を敷いて

根が広がらない様にしていますが、

2,3年経過しますとビニール袋を突き破って

根が蔓延ることもあります。



今回、下の畑で露地植えしようと鉢を動かそうとしましたら、

太根が張っている鉢も少なくありませんでした。



そんな根を無駄にはしません。

払子台の紅浅間苗も太い根が1本土中の伸びていました。

3月の接ぎ木時期に台木にしようと、

鉢上げしました。

hosudai0105c1



スモモの「さわやか」は、

昨年枯れてしまいましたが台木から発芽して

勢いの良い枝が生長しました。

ohatu0105c2

発根率の良否は不明ですが、

挿木用穂木として確保しました。




葉の形状から「おはつ桃台」と推測します。

株を鉢から出して根洗しますと、

太い根がいっぱい絡んでいます。



台木養成用に切り離して、

鉢に植え付けて見ました。

ohatu0105c3



太めの枝を1本残して、

台木として利用する予定です。

ohatu0105c1



桃の「照手水密」の鉢からも

ゴボウ根が土中に伸びていました。

早速切り離して、

台木用に養成します。

terute0105c1



桃の接木台木としては、

スモモの挿木も代用できますが、

おはつ桃台を使いたいとかねてから思っていました。



初の試みですので、

結果は度外視のトライが春先から始まります。




********************************




ブドウの鉢内に発生した自然実生の「暖地桜桃」を

堀上げて鉢上げしてみました。



どの実生苗もしっかりした根張りでして、

鉢上げ後の成長は大丈夫かと思います。

danti0105c1



実生苗でも大きめの「暖地桜桃」4本を

小鉢に植え付けて見ました。

danti0105c3

実生からどの様な花や実が付くのやら、

興味津々と言ったところです。




一方、ビワの偶発実生苗は露地に発生しています。

2,3本の固まりで発生していますので、

その一塊(3本)を鉢上げしてみました。

biwa0105c1

これらの苗は、

ビワ品種の接木用台木として養成していきます。



このほかに、

りんごの大鉢に発生した梅の実生苗やりんご実生苗も

鉢上げを予定しています。





・・



この記事へのコメント

ホワイトモグタン
2010年01月06日 21:25
こんばんは。
年始早々風邪を引いてしまいまして、とんだ寝正月となってしまいました。

モモの根っ子、どこかで見た様な光景です。
昨年モモの根を30本程度根伏せしたのですが、芽が吹いたものは一つもありませんでした。
そして最後には枯れてしまいました。
細かい根があるようでしたら、直接台木として使われてしまったほうが良いかもしれません。
根の良いものは活着率が良くて、ゴボウ根などに接いだものは展葉したのちに枯れてしまいました。
根の影響力は大きいようです。
しお>ホワイトモグタンさん
2010年01月06日 22:48
風邪引きのホワイトモグタンさん、大変な正月でしたね。快復されたでしょうか

根伏せと表現しましたが、仰る様に実際には細か根もありますので台木にしようかと思っています。そのため地上部を少し出して植え付けています。
期待度は五分五分ですかね
お大事にして下さい。
2010年01月06日 23:18
こういう方法もあるのですね。またまた勉強させて頂きました。
ホースラディッシュやタラも根伏せで増やせますが、果樹でも条件が良ければ出来るのですね。
しお>かいづさん
2010年01月07日 07:33
根伏せでは、梨の台木に使われる「豆梨」の根伏せで挿木用穂木を採取出来まして、今年はその挿木台に接木が出来そうです
種類によっては、この様な繁殖法も利用できるようですね。ハラハラ・ドキドキが楽しいです。
シュウ
2010年01月07日 12:42
いろんな方法が有るものですね、流石しおさん、早速コルトの根伏せにチョウセンしてみます。
しお>シュウさん
2010年01月07日 16:51
根伏せがどの品種に向いているかが問題ですね
細根がいっぱい付いた良い根でしたら、春先に接木した方が根を有効利用できるかも知れませんね。
色々挑戦されるのも面白いと思います。