ブドウの剪定、続きです

先日の剪定作業に続けて、

本日は「リザマート」と「ビッテロビアンコ」の

欧州種のブドウを剪定しました。



小さい棚ですが、

屋根付きでの栽培になります。



両種とも樹勢が強く、

狭い棚で暴れまくりました。

剪定直前の様子です。

rizamart1225c4

手前が「リザマート」で、奥が「ビッテロビアンコ」です。



紅葉も他のブドウより遅く始まりました。

なかなか落葉しませんが、

剪定を決行しました。

rizamart1225c5

棚下の南面には、

行灯作りのブドウを数鉢並べています。




先日の剪定と同様に、

長く伸びた新梢を切り詰めましたが、

基本は長梢剪定です。

budo1227c1



脚立に上って、

上から眺めています。

budo1227c3

先日の剪定枝と一緒にしますと枝の小山が出来ました。



これで、棚仕立てのブドウの剪定は終了しました。

残るは、行灯仕立てや養成苗の剪定がありますが、

特に急ぐ必要もないので、

ぼちぼちやっていこうと思います。




10号鉢植えのブドウですが、

大分混み合ってきました。

andon1227c2

今年は未収穫となりましたが、

来年は初収穫を願っています。




つる性の果樹では、

キウイの剪定が残っています。



こちらも狭い棚一つに数種のキウイ苗を植え付けています。

正月早々の剪定作業となりそうです。





・・





この記事へのコメント

ホワイトモグタン
2009年12月29日 11:41
こんにちは。
屋根があるせいかもしれませんが、まだ紅葉してるなんて、当地の数ヶ月前を見ているようで驚きました。

剪定作業何かと大変でしょうが、楽しい作業の一つでもありますよね。
御蔭様にて当地の剪定作業は終了しました。
しお>ホワイトモグタンさん
2009年12月29日 17:16
屋根付きの効果でしょうか。当地の他のブドウはすっかり落葉していますのに、この2本はなかなか落ちませんでした。
ホワイトモグタンさんのところは、木が大きくて本数も多いのにもう剪定が完了ですか
ウチは、キウイやりんご類の剪定が年明け早々の仕事になりそうです