果樹の準備状況は・・? ①

落葉果樹のこの時期の様子は、

来年の花芽準備が順調なのか否か・・で、

観察も気になる毎日です。




春から夏場の管理次第では、

来春の花芽が少なかったり病害虫被害で、

木を弱らせてしまう事もあります。



今年は、

一昨年の生らせ過ぎが災いして結実無しだった

スモモの「秋姫」(鉢植え元木)には、

小さいながら沢山の花芽が着いたようです。

akihime1031c8

来春は、摘果をしっかりと実施して、

少数で大玉を狙いたいですね。



同じく、スモモの「プラム井上」の花芽は、

やや大きめの芽となっています。

毎年安定した結実をもたらしてくれる、

早生の代表的スモモです。

puramuinoue1031c1




今春、芽接ぎや高接ぎした品種でも

結実は期待できませんがお花見は出来そうです。

こちらは、

芽接ぎの「紅りょうぜん」です。

ryouzen1031c13



さらに、

芽接ぎの「ジュピター」にも花芽らしき芽が・・・。

jyupita-1031c1

大実の初収穫は2年後の楽しみのようです。




プルーンの仲間では栽培が容易で、

黄色い果実は異色の「フロリナ」にも、

沢山の花芽が着きました。

frorina1031c12

プルーン栽培で私と同様に苦労されている栽培者さんには、

お勧めの品種です。



早生種のプルーンで比較的栽培しやすい品種です。

「ツアー」は小粒ながら豊産性で、

プルーン栽培を楽しむには好都合な品種です。

tur1031c1



白い房状の花が綺麗なベリー類の「ジューンベリー」、

今年の開花より賑やかな花房が見られそうです。

junbery1031c1



ここまでの観察では、

各樹種、各品種で欲しい花芽が順調に確認できています。




他の樹種についても、

観察を継続しています。





・・



この記事へのコメント

2009年10月31日 22:02
順調に花芽が付いてるようで、来年も楽しめそうですね。スモモ、プルーン系は花芽と葉芽の区別がいまいちつきにくいですね。
しお>桃太郎さん
2009年10月31日 23:15
葉芽は花芽より若干大きめで尖って見えると思います。
区別し難いのは確かですが、よく見ますと花芽は丸味があるようです
テル
2009年11月01日 08:38
母親が脳内出血で倒れてしまいやっと昨日退院・・バタバタしておりましたのでご無沙汰です(笑

花芽ももう少しで完成しますね♪
年毎に増えていく花芽を見る度に夢と希望と・・食い気が増していきますが冬の作業の中心は妄想と言う事になりそうです(笑
しお>テルさん
2009年11月01日 10:15
そうでしたか、それは大変でした。
遅ればせながら、お見舞い申し上げます。

ウチも9月は、家内が緊急手術・入院ということで狼狽しまくりで果樹どころではありませんでした。
このところ、漸く本来の栽培欲が復活し始めています
tangor農林8号
2009年11月01日 23:41
お二方ともいろいろと大変だったようですね。
お見舞い申し上げます。早く回復されるといいですね。
しおさんも最近ブログのup頻度が復活してきて何よりです。いつも楽しみにしています。
しお>tangor農林8号さん
2009年11月02日 07:45
tangor農林8号さん、ありがとうございます。

ブログ更新も徐々に戻していきたいと思っております。皆さんのところにもまたお邪魔させて頂きます。宜しくお願いします。