今日の収穫物は・・

収穫物が日増しに減少するのは寂しい限りです。

残る僅かな果実を少しずつ収穫して味わえるのは、

家庭果樹の醍醐味でもありますね。



本日の収穫物は3種(柿・梨・イチジク)、

5品種となります。

syukaku1029c6

小玉ですが、味はまあまあの出来だと思います。




和梨・洋梨で最後の1果となった「王秋」は、

1/2果が落下せず残ってくれました。



初生り品種で、本来の出来ではありませんが、

面長の外面は特徴を良く出しています。

osyu1029c4




大実品種でバナーネ以上の大実を

期待していました「ダルマティ」ですが、

カタログ記載によれば秋果は小さい様です。



実際、小粒でビオレーソリエス程度の実となりました。

daruma1029c1

小果ですが味はすこぶる良好です。



露地植えのダルマティ苗はだいぶ大きくなりましたので、

来年の夏果収穫が楽しみです。




今日はまだ収穫しませんでしたが、

リンゴの「らくらくふじ」は、

しっかり枝先にしがみついています。

rakufuji1029c5

この品種は落下がほとんど見られません。



柿の「次郎」と「太秋」は、

色の良くなった実を収穫してみました。

jiro1029c2

taisyu1029c3



さらに、実割れを生じた「黒柿」も収穫しました。



先日、柿の種の数などが話題なりましたので、

太秋や次郎の種を確認してみました。

jiro1029c7

太秋は1,2個の種が入っており、

次郎はやや多い種が確認されました。



黒柿は一杯種が入っていますが、

こちらの甘柿は少なめですね。





・・




この記事へのコメント

ホワイトモグタン
2009年10月29日 20:26
こんばんは。
しおさんのところの太秋も種子が少ないようですね。
安定してくると種無し太秋が現れると思います。
2009年10月29日 21:41
らくらくふじは早生ふじかと思っていたのですが、そうでもないみたいですね。
他のふじと比べてどうなんでしょうか?

(今までreadエラーになってしまい、おじゃま出来なかったのですが、いつの間にか直っていますね。)
2009年10月29日 22:23
色んなものがすぐに採れる、新鮮な果実を戴ける醍醐味を、そのまま実践しておられて、正に理想です。
落下の少ないらくらくふじ、たわわに実って、美味しそうです!
しお>ホワイトモグタンさん
2009年10月29日 22:43
種なし柿のネット販売を見かけますが、太秋なんですかね。
太秋が種なしになるとは知りませんでした。
どのくらい待ったら種なし太秋が収穫出来るのか、興味深いですね
しお>桃太郎さん
2009年10月29日 23:01
カタログ記載では、11月が収穫時期とあります。当地でも毎年11月頃の色付きマックス状態となっています。色付きの良いふじとのことですが、最近は早生で色付きの良いふじ系リンゴが出ていますね。ちょっと気になる品種です

(エラーの件、メール頂きましたが当方で対処できることもなくて心配しておりました。ともあれ、回復した様で何よりです。)
しお>かいづさん
2009年10月29日 23:09
リンゴ類の最後がらくらくふじになります。楽々色付き易い品種のようですが、真っ赤なリンゴとは行かずに栽培地の影響は大きいようです。
何とかリンゴの味わいは確保できているようです

このところ、一日一果のリンゴを、実践しています。