「貴陽」、今年の最大果か・・

色付いたスモモは、

触って柔らかさを感じたら収穫しています。



果汁を吸う虫被害も見られますので、

早めの収穫になります。



この「貴陽」が、

当園、今年の最大果と思われます。

dc0713c2

200g越えを期待していましたが、未達です。



この実は、鉢植えの1本から収穫しましたが、

5果ほど付いていた内の1果です。



さて、果重は?

dc0713c3

カタログでは、300g越えの記録もあるとか・・。

いつかはそんな「貴陽」を収穫してみたいモノです。




今朝、一緒に収穫した他の貴陽は、

100g前後となっています。

dc0713c4



大・中・小とばらけていますが、

独特の輪紋がくっきりと見られます。

dc0713c5



畑の露地スモモの根本に接木した貴陽が、

元木に迫る生長をしていますので、

来年は結実が期待されます。



大玉記録はこの「貴陽」に望みたいところです。




*********************************




先日、捕まえた「タマムシ」は、

2日間ほど虫かごで鑑賞しましたが、

今朝、放してやりました。

dc0713c1

元気に羽ばたいて、

飛んでいきました。




近くの林から蝉の声が聞こえています





・・





この記事へのコメント

ホワイトモグタン
2009年07月13日 22:13
こんばんは。
200gに達しなかったとはいえ、やはり貴陽は大きいですね。
着果率が悪いのも大きくなる要素なのかもしれませんね。
しお>ホワイトモグタンさん
2009年07月13日 23:08
未達は残念でした
仰る通りだと思いますね。
大実になる為の自然摘果が行き過ぎた状態の木ですからね。もう少し結実して欲しい・・との欲求もありますね