「取り木」&「緑枝接ぎ」など

久々の雨無し天気です。




プルーンやスモモ、桃などを眺めていましたら、

ホワイトモグタンさんの”取り木処理”を思い出しました。



収穫の終わった「さおとめ」の株元に、

今年初めてヒコバエが出ていました。



このヒコバエに「黄ららのきわみ」を

接いでみました。

ryokusi0709c1




ついでに、露地植え「太陽」に

”取り木+緑枝接ぎ”を施術してみました。



先ず、取り木する枝の環状剥皮です。

toriki0709c2

取り木処理は初めて経験します。

見よう見まねの処理になります。




剥皮部分には湿らせた水苔を固く巻いて、

枝上から通したビニール袋で覆っています。



その枝の上部に、

「いくみ」の緑枝接ぎを施しました。

ikumi0709c3

「いくみ」の接木や芽接ぎは、

ことごとく失敗しています。



この方法で、

苗が取れましたら万々歳です。



トドメに、

鉢植え「いくみ」の元株上部に、

取り木処置を施しました。

ikumi0709c4

どちらかの1本でも発根してくれますと、

取り木に填りそうな・・・ところですが、

結果は暫くお預けとなります。




・・








この記事へのコメント

ホワイトモグタン
2009年07月09日 21:52
こんばんは。
ついに試されましたね。
私の場合、剥皮処理には岡恒の木鋏を使っています。
鋏を軽く枝にあてがって(上下二ヶ所、向きを変えながら)くるりと回して指で剥げば、綺麗に表皮が剥がれます。
穂木は葉を取り、葉柄は残します。
活着すると葉柄が取れて、副梢が伸び出してきます。
高所で数をこなす場合は、バケツに水蘚を入れて、丈夫な針金などをS状に加工して、脚立や近くの太枝に吊るしておくと作業がしやすいです。
調整したビニールや紐も腰袋に入れておきますと作業が楽に行えると思います。

無事成功しますように!
しお>ホワイトモグタンさん
2009年07月09日 22:19
やってみました。

場所が狭い所でしたので、カッターナイフで剥皮しました。暫く様子見ですね。
露地植えも大きな木ではないので、いくつも施術できませんので、確率は低そうです